行政書士はどんなお仕事をしているの?
2021.04.28
こんな時は行政書士にご相談ください

【1】遺産相続手続きがしたいとき

  紛争段階にあるもの、税務、登記などは業務として行えませんが
  行政書士は遺産分割協議書等などの書類作成を中心に行います。

 ➡相続手続きのご依頼をされる方は(→こちら)より行政書士をお探しください。


【2】遺言書を作成したいとき

  行政書士は公正証書遺言の証人など遺言書の作成支援をいたします。

 ➡遺言書作成支援のご依頼をされる方は(→こちら)より行政書士をお探しください。


【3】会社設立・各種法人設立

 ①株式会社を作りたいとき
  定款作成の支援や公証役場での定款認証手続きを行います。
  (登記申請手続きは除く)
 ②NPO法人や組合などの法人を設立したいとき
  法人設立後も様々なサポートをいたします。

 ➡定款作成、法人設立について詳しくは(→こちら)をご覧ください。
 定款作成、法人設立のご依頼をされる方は(→こちら)より行政書士をお探しください。




記載業務の範囲内においても、行政書士は「他の法律により制限されているもの」に関しては、その業務を行うことができません。詳しくはご依頼された行政書士にお問い合わせください。
業務によっては別途資格が必要なもの、行政書士によって専門とする分野などがあるためご依頼が受けられない場合がございます。詳しくはご依頼された行政書士にお問い合わせください。
リンク先は福島県行政書士会HPへ移動します
随時更新していきます

- CafeLog -